一般社団法人 日本ディープラーニング協会への参画について

2017年12月19日

西川コミュニケーションズ株式会社は、事業の核を「ディープラーニング」と位置付ける企業を中心に、その技術を日本の産業競争力につなげるために設立された「一般社団法人 日本ディープラーニング協会」(所在地:東京都港区、理事長:松尾豊 東京大学大学院工学系研究科 特任准教授)に賛助会員として参画しました。

一般社団法人日本ディープラーニング協会 の詳細はこちら→http://www.jdla.org/

私たちのコミュニケーション領域において、ディープラーニングの発展と認知は未来への鍵です。

ディープラーニングは、近年の画像・音声認識などの飛躍的な精度向上に寄与し、人口知能研究における50年来のブレイクスルーといわれる技術です。当社の事業領域であるコミュニケーション領域との関係性は強く、ディープラーニング技術の発展と社会的認知向上は、当社の未来にも大きく寄与するものと考えています。

日本ディープラーニング協会の趣旨

  • ・ディープラーニング技術を担う人材育成
  • ・ディープラーニングの可能性と限界を正しく理解し、事業に有効活用ができる人材育成

に賛同し、参画いたしました。

西川コミュニケーションズは、コミュニケーション領域において人工知能をはじめとした各種技術を活用し、社会実装を実現する人材(実装するエンジニア及び事業に活用する人材)の育成を通じて、ディープラーニングの社会的な認知向上のために尽力してまいります。

お問合せ: 西川コミュニケーションズ株式会社 press@nishikawa.jp052-979-0508